株式会社建匠に学ぶ知名度NO.1になったSNS活用ブランディングの集大成

ブラックマヨネーズさんの冠TV番組『ウラマヨ!』やABC朝日放送の特番『田舎セレブ』、読売テレビの『ZIP! & すまたん』などのテレビ番組に取り上げられ、映画「サムライせんせい」にも出演。最近では、日本最大級のLIXILコンテストの新築部門において『四国エリア最優秀賞』を受賞と、何かと住宅業界を騒がしている高知市の㈱建匠の西村龍雄社長をご存知の方も多いと思います。
このたびはこの西村社長に登壇して頂き、今、そしてこれからの建匠の動きを紹介して頂きます。
伸び盛りの会社がどのような考えや行動を取っているのか、この機会にぜひお聞きください。
株式会社 建匠 とは・・・

ここで建匠さんをご存じない方に、どのような会社なのかを少し紹介させて頂きます。

西村社長は高校卒業後、高知でも有名な宮大工の元で大工修行を始めます。
が、年々仕事も減少し28歳でリストラされて無職に。
北海道から鹿児島までの放浪の旅に出かけ、高知に戻ってみると所持金はわずか35円。
このままではマズいと、宮大工の経験と腕を頼りに住宅会社への応援大工として業界に復活。
3年後の平成22年4月に住宅会社として株式会社建匠を設立しました。
そのわずか8年後の平成30年4月には売上12億円の達成見込み。
完工41棟は高知県2位の実績と予想されます。
ちなみに高知でNo.1ビルダーになるには60棟の受注が必要とのこと。
この受注は来期には達成見込みと西村社長は話します。

高知県の住宅会社としての知名度がNo.1の建匠

いまでは高知県の住宅会社としての知名度がNo.1の建匠さんですが、それは多額な広告費を掛けたからではありません。いまの時流にあったお客様への認知作業を行っているからなのです。

ちなみに見込み客の集客には折込チラシはほぼ活用していません。皆様もよく利用されているSNSを巧みに活用しているのです。実際、建匠さんでの契約者の8割があるSNSのユーザーだと言うのは、まさに狙い通りと言えるでしょう。

そして最近ではローコスト住宅と超ハイグレード住宅の両ブランドを確立。また、まだ他社があまり目をつけていない特徴のある取組みをした結果、見学会集客数が5割増しにもなっています。

営業は4名。大学新卒・看板屋勤務・高卒・市役所職員の男性2名と女性2名で、みな建匠に入る前は住宅営業の経験なし。そのような未経験者でも受注できる仕組みを建匠さんでは構築しています。

このように限られた資本(人・金)を駆使し、来期には高知No.1ビルダーになろうとしている建匠さんの今後の動向は皆様も気になるところだと思われます。
このたびの講演会では建匠さんとエリアの被らない工務店経営者様に、今までの取組みを含めて、西村社長にお話頂きます。次の開催は無いものとなりますので、この機会を逃されないことをお勧め致します。

開催概要
開催日 2018年 3月16日(金)
開催時間 13:30~16:30
※会場受付開始 13:15~
開催場所 東京都 表参道駅周辺会場
※お申込み確認後、会場の詳細な案内図をお送りします。
会費 無料
定員 20名まで
※高知県内の会社様につきましては、ご参加をお断りにさせていただく場合がございます。また、弊社と競合するビジネスの運営に携わっている会社様からのご参加につきましてもお断りさせて頂く場合がございます。予めご了承ください。