philosophy工務店の力と思いを込めたプロジェクト

工務店の力と思いを込めたプロジェクト

工務店の力と思いを込めたプロジェクト
それがカーサプロジェクト

いま一般市場で主流になっているハウスメーカーの商品住宅よりも、グレードの高い商品で、性能もデザイン性も高く、さらに、価格も安い商品住宅を造 るために、私たちはプロジェクトを結成しました。それが「カーサプロジェクト」です。そのプロジェクトから誕生した商品住宅が、カーサキューブであり、 カーサソーレなのです。

2007年に誕生したカーサキューブは、構造、性能、デザイン、耐久性など、そのグレードの高さと、劇的な価格は、大きな反響を呼びました。現在、全国各地の工務店150社がカーサキューブネットワークに参画し、日本各地でカーサキューブが建てられています。

そして、2009年、カーサソーレを開発しました。太陽光発電をテーマにした、この商品住宅は、一気に注目を浴び、全国の雑誌やテレビなどで次々と紹介されています。そして翌年「日本の伝統美」をテーマに、恒久的な美しさを象徴する住宅として、casa amare をリリースしました。

そして、2011年また新しい取り組みとして、技術力の高い設計士とコラボレーションして開発された「casa + 建築家シリーズ」を発表。次々と新しい住宅を開発しています。